boy funny pic


男の子の面白い写真 こんにちは、私は18歳、3高校生の私の名前はEmre. 私の叔父には石の妻(叔母)がいます。 私は叔母に病気になってきました、私の叔母はいつも私の対立の対象でした。 私は叔母と仲が良いです。 たまに私たちは彼らに行き、私の叔母とチャットします。 私たちの会話トピックの主な主題はジョークです。 もちろん、私たちは時々腰の下で冗談を言います。 彼女がそれを切望しているので、私は現時点で妊娠している私の叔母のためにタルハナにそれを持って行きました。 私の叔母は白い漆塗りのTシャツとその下に若いマキシスカートを着ていました。 その日私の注意を引いたのは、彼女の胸が通常よりも大きく見えたということでした。 彼女はブラジャーを着ていなかったと思います。 後ろから見ると、彼女は妊娠していたので足を広げて歩いていたので、彼女の腰がより目立つようになりました。 私は彼に私が聞いた最後の冗談を言うために死にかけていた。 私たちはお互いに向かい合って座っていました。 私の叔母が私にお茶とビスケットを提供した後、「新しい冗談はありますか?」彼が尋ねたとき、「はい!「私はスナップして追加しました」しかし、どうすればあなたに言うことができますか、それは妊娠中の女性についてです!「私は言った。 私の叔母は興奮して言った、「見て、私も妊娠しています、今私に言ってください!「彼が言ったとき、「大丈夫!”私は言ったと説明し始めた:

彼は基本的な不治の病を持っています。 医師は、妊娠中の女性のミルクを最後の手段として飲むと、良くなると言います。 唯一の救済策は、Dursunの妊娠中の妻に行くことです。 Dursunがドアをノックすると、Dursunの妊娠中の妻がドアを開けて、彼が何を望んでいるのか尋ねます。 テメルは恥知らずに彼の悩みを話します。 Dursunの妻はTemelに同情し、それも良いと言って、彼女を中に連れて行き、母乳で育て始めます。 その間、Dursunの妻はゆっくりとそれを楽しみに来ています。 彼はうめき声を上げて財団にこう言います:どうやって、あなたはそれが好きですか? 基本的な、はい非常にいいです! 」と言います。 非常に興奮しているDursunの妻、あなたは牛乳を吸う以外に何かが欲しいですか? 彼は尋ねます。 テメルの目は大きく開いていて、退屈しています、それは恥ではありませんか、叔母? 」と言います。 Dursunの妻、私の愛する人を恥ずかしがらないでください、あなたが望むものが他にあれば、私はそれを与えることができます! 私が言うとき、テメル、私は窒息しています、もしあれば、あなたは私にミルクといくつかのビスケットを与えることができますか? 」と言います。

私が冗談を言ったとき、私の叔母は笑いに爆発しました。 「ビスケットで何か欲しいですか?」彼女は尋ねた。 彼が冗談めかして答えた質問に、私は冗談めかして答えました、「私は牛乳が欲しい、おばさん!「私は言った。 私の叔母は言った、「私は私の人生を犠牲にするだろうが、家の中に牛乳はありません!」と言った。 叔母の胸を指差して「持ってないの?「彼がそう言ったとき、私の叔母の頬は赤くなりました。 「私はまだ私の胸にミルクを持っていません!」と言った。 そして、私は言った、”しかし、彼らはそんなに成長しました!「彼がそれを言ったとき、私の叔母は顔を赤らめて言った、「それは明らかですか?」と言った。 「はい、しかし、彼らはこのようにはるかにきれいに見えます!「私は言った。 「見て、あなたは何に注意を払っていますか!」と言った。 「叔母の胸が大きくなっているので、注目を集めるようには見えません!「私は言った。 私の叔母は言った、”ああ? 私は鏡を見て来てみましょう!」と言った。 “私たちは、叔母、一緒にそれを見てみましょうか?「私は言った。 「いいえ、あなたはここに座っています!”彼は言って彼の寝室に行ってきました…

叔母が中で何をしているのか疑問に思っていたのでじっと座っていられず、その大きな胸を見ることを夢見てドアの鍵穴に近づきました。 私が穴を通って見ていたのと同じように、私の叔母はドアを開けて、そのように私を見ました。 「あなたは私を覗いていましたか?」と言った。 私は答えることができませんでした。 私の叔母は言った、”あなたが見るつもりなら、私はちょうどあなたを見せます!」と言った。 「約束して、私はただ見ます!「私は言った。 叔母がゆっくりとシャツを持ち上げたとき、私の心は爆発しました。 巨大な胸が私の前に立っていました。 私は言葉を失いました。 私は彼らから目を離すことができませんでした。 よく発音された乳首が私をひどくオンにしたので、私は私がいたところで私のズボンに射精しました。 私の明るい色のズボンに濡れが現れたとき、私の叔母は笑い始めました、「それは何ですか、あなたは空ですか?」と言った。 私は謙虚に言った、”はい!「私は言った。

私の叔母は言った、”すぐにトイレに入って、きれいにしてください!」と言った。 恥ずかしさから、私はトイレに走りました。 しかし、私が見た風景の効果で、私はすぐに31を撮影し始めました。 私の叔母は言った、「ドアの後ろにバスローブがあります!「私は自分の感覚に来ました。 私が洗って外に出たとき、叔母はまだ笑っていました。 彼は私に私の叔父のパンティーの1つを準備していました。 私は叔父のパンティーを置くように私たちの笑いが混ざり合った。 私の叔父はとても太っていたので、彼の下着は私には大きすぎました。 叔母のズボンが乾くのを待っている間、私たちは向かい合って座っていましたが、まったく話していませんでした。 しかし、私はいつもそれらの巨乳について考えていました。 私のペニスは再び動き始めていました。 私の叔母は気づいて、何が起こるかを見るために好奇心を持って待ち始めました。 私の叔母は彼女の足を交差させて座っていました、彼女の腰は私に直面していました。 私のペニスは私の広いパンティーの側から出ようとしていて、私は私のペニスを隠そうとしていました。..

私の叔母は言った、「あなたが言った冗談の続きはありませんか?」彼女は尋ねた。 「おばさんはいない。「私は言った。 私の叔母は言った、”私たちは残りを書きましょうか?「私が尋ねたとき、私はかなり驚きました。 彼は立ち上がって私のところに来ました。 床に座って、彼女の胸は私の膝の上にあり、彼女の目は私のパンティーから出てきたい私のペニスを見つめています。 私が叔母の髪に手を通したとき、私たちの唇はつながっていました。 私たちは床に並んで横になり、叔母の胸を撫でている間、私たちは同時に脱衣していました。 最後に、私が夢見ていた胸は私の唇の間にありました。 私はそれらにキスをし、それらを吸って、それらを噛んでいました。 私が叔母の新しく剃られたおまんこに着陸したとき、彼女はまた私のペニスを貪欲に舐めていました…

彼が彼女の後ろにいて、彼女の胸と腫れた腹を愛撫したとき、私は雲の上にいたようでした。 我慢できませんでした。 私が足を離して足を踏み入れると、叔母の呼吸が加速しました。 私は叔母のおまんこの唇に私のコックをこすったとき、私は喜びで小娘のジュースが噴出感じました。 私たちはゆっくりと私のコックを押し込み、中に掘ったとき、私たちは唇でお互いに言葉では言い表せないほどの喜びを与えていました。 私はあなたの目を見てアップロードし始めました。 私の叔母が私の腰に彼女の足を包んでいる間、彼女の胃は私の腹に圧力をかけていました、それは私を夢中にさせていました。..

Yengemi biraz böyle siktikten sonra yüzüstüçevirdim. Yengemingenişkalçalarımuhteşemgörünüyordu. Kalçalarını iki yana açıp,götünün mor delişine dilimi deşdirdişimde,yengem hafifçeşperdi ve içini çekti. Götünü dilimle sikiyordum. Kalçalarınısaşa sola sallamasından,yengemin acayip zevk aldışı belli oluyordu. Sikimi aşzına verip iyiceıslatmasını istedişimde,yengem olacakları tahmin ettişinden,”Kremsiz olmaz!”dedi ve kremin yerini tarif etti. Kremi kapıp geldim。 Götünün delişini güzelce kremledikten sonra,sikimi kavradım ve kafasınıdayayıp delişini zorlamaya başladım. Yavaşçaönce kafasını,daha sonra da hepsini soktum. Yengem nefes dahi almıyordu. Biraz bekledikten sonra yavaşça hareketlenmeye başladım. Birkaç gel gitten sonra hızlandım. Aldışımzevkten ve yengemingötünündarlışındanboğalmaküzereydim. Hemen önüne geçtim ve ağzına vermemle boğalmam bir oldu…

私を信じて、私は5つのセックスで来るのに十分な射精しました。 私の膝は震えていた。 私の叔母はそれを最後の一滴まで飲み込もうとしていました。 彼は私のゆっくりと下降するディックの敏感な頭を吸いながら、彼の指で私のお尻の穴をマッサージしていました。 この喜びは説明できませんが、生きました!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2024 Bei handelt es sich um einen kostenlosen Hostingservice für Pornofilme. Du kannst dir ein verifiziertes Benutzerkonto erstellen, um auf unsere Website Pornofilme in verschiedenen Formaten hochzuladen. Jedes Pornofilm, das du hochlädst, wird in maximal 5 Arbeitstagen bearbeitet. Du kannst außerdem unseren Einbettungscode verwenden, um unsere Pornofilme auf anderen Websites zu teilen. Auf wirst du außerdem exklusive Pornoproduktionen finden, die von uns selbst gedreht wurden. Durchstöbere all unsere Sexkategorien und entscheide dich für deinen Favoriten: Amateur-Pornovideos, Analsex, Große Ärsche, Freundinnen, Blondinen, Brünetten, etc. In den entsprechenden Rubriken auf unserer Website sind außerdem auch Pornofilme zum Thema Gays und Shemales zu finden. Das Anschauen der Pornofilme ist vollkommen gratis! offre un servizio gratuito di hosting per video porno. Puoi creare il tuo account utente verificato per caricare video porno sul nostro sito in diversi formati. Ogni video che caricherai verrà gestito entro 5 giorni lavorativi. Puoi anche usare il nostro codice embed per condividere i video su altri siti. Su troverai anche produzioni porno esclusive girate da noi. Naviga liberamente fra le sezioni categorizzate di sesso e scegli la tua preferita: amatoriale, anal, culone, fidanzate, bionde, more, ecc… Potrai anche trovare porno gay e video porno trans nelle rispettive sezioni del nostro sito. Tutti i video porno sono visibili gratuitamente!