My Secretary asked me for a salary increase in exchange I Fuck / Fuck her in the Company erotic tv

私の秘書尋ねました私にのためにa給与増加でexchange私くそ/くそ彼女のでザ会社エロチックtv こんにちは友人は、私Samet,ていきたいと思っておりますの連携lineの友だちともline playが一つの思い出の場合でも、ちょっと長いて、詳細を入力します。 飽きずに最後まで読んで楽しんでいただければ幸いです。

まず第一に、私は自分自身を紹介しましょう、はい私の名前はサメットです。 私は37歳、175背の高い、80キロ、ブルネット、コンヤに住んでいる、アクティブと受動的な役割の両方で最後のビットに喜びを生きるのが好きで、限界をプ

私の経験は、私が仮想世界でパートナーを探していたある夜、約一年前に始まりました。 私がfacebookで自分のアカウントを開いたとき、私は6つの友人の要求があったことを見ました、私は順番に彼らのプロフィールを調べて受け入れていましたが、そのうちの1人は彼らが受け入れるとすぐにメッセージを受け取りました。

こんにちはできます。- 書いていました。

「確かに」と私は答えた、そして私たちはチャットを始めました。 彼は彼の名前はエレムであり、彼は24歳であり、彼は完全に受動的であったと言いました。 私が能動的で受動的であることができると言ったとき、彼はあなたが私のために能動的であれば十分であると答えました。 私たちはお互いをよりよく知るために好きで楽しんだことについて話していました,私たちの考え方は調整されていて、私たちは同じことを望んで 私たちがお互いに写真を送ったとき、私は私の目を信じることができませんでした、彼女はガーリーな光沢があり、無毛の体を持っていました。 その上、彼は少し小柄なタイプでした。

彼女の腰は小さかった。 私は片手で彼の腰の両方を保持することができるかのように。 私たちの顔の写真をお互いに送った後、私は頭の中にいて、できるだけ早くエレムをねじ込むことを夢見始めました。 それから、私が自分の家に一人で住んでいると彼が言ったとき、私はあなたをホストすることができます、私はほとんど喜びで飛び降りました。 私が望むすべてを行い、私の好みに合って、一人で住んでいる完全に受動的な人は、より多くのものを求めることができます,

私は今、エレムを完全に所有していて、私が彼とセックスして彼とセックスする方法について計画を立てていました。 これらの考えは本当に私を怒らせました。 深夜の23時30分頃でした。 私は彼が何とか一人暮らしだと自分自身に考えていた、と私は申し出をした場合、彼はそれを受け入れるだろう、私たちはお互いの火を消すだろう。

私は少し後で書きました。 今何してるの?
「何も、私はシャワーを浴びたばかりです、私はあなたと裸でチャットしています」と彼女は言いました。
私の興奮はさらに増加しました。 私はあなたが望むなら私が来ることができると言いました。
彼は言った、「さて、あなたが来ることができれば、私は朝まで女性になるでしょう、私はあなたを喜びの雲の上に飛ばします。”

住所を教えてすぐに来ると言った 彼が住所を書いたとき、沸騰した水が私の頭の上に注がれました。 彼はコンヤのセイディシェヒル地区に住んでいました。 私たちの間には正確に90kmがありました。 私の希望はすべて破線で、私はひどく退屈していました。 Seydişehirに行くこともできず、彼がコンヤに来た場合、ホストする場所もありませんでした。 私たちは、仮想チャットよりも先に行くことができませんでした。

とにかく、私たちはその夜を終えました、次の日の夜に彼がfacebookで無数のメッセージを送ったのを見ました。 それはもはや本物ではないので、私は彼が書いたものにはあまり興味がありませんでした。 私は答えを書いていて、壊れないように短くしていました。 日は日に続いた。 約20日後、職場で、上司は私を彼の部屋に呼び、住所と電話番号が書かれた一枚の紙を私に手渡しました。

今日あなたの仕事を終えてください、あなたは明日Seydişehirに行きます、顧客はあなたに挨拶し、家具の寸法を取って戻ってきます。 私はすぐにエレムのことを考えました、私は上司、兄弟に言いました、私はそこに兵士の友人がいます、私が終わった後、私は彼を訪ねます、大丈夫ですか? それは大丈夫ですが、遅すぎないでください、と彼は答えました。 私はハードな夜を過ごしました、私の興奮はまだ高かったです。

Eremがオンラインであることを見たとき、私はすぐにそれを書きました。
こんにちは,答えてくれた方ありがとうござい明日につないでいけるのでしょ 私は言った。
彼は同じように働いたことがないと言った。
私は言った、さあ、私はSeydişehirに来ています、多分私たちは会うでしょう。
彼は言った、「大丈夫、私は間違いなく待っています。”
しかし、私はあなたが何をするかと言いましたか?
彼は答えた、”私は許可を得ることができます、それは大丈夫です。

シャワーを浴びて準備をした後、私は寝て、次の日の正午まで仕事を終え、電話でEremに電話しました。

私が終わったと言うとき、私は立場を取っています、彼は答えました、「来てください。「私が彼が与えた住所に行ったとき、私は中心に近いサイトに4階建ての建物があるのを見ました。 私が電話をかけたとき、私はあなたを見て、2階、4番に来ると言いました。 私はすぐに階段を駆け上がった。 ベルを鳴らす前に、ドアが開きました。 私はドアの側面からしか彼の顔を見ることができませんでした。 彼は入って来いと言った。 私が入ったとき、私は私の目を信じることができませんでした。 彼は私がチャットしながら、前の夜に書かれていた服を着ていたと私は好きだったこと。

彼女の胸のすぐ上から始まり、腰の半分で終わり、肩を露出させたままにし、黒いストッキングが下に膝に達し、長いかかとを残して、彼女の体のすべてのタイトフィットラインを明らかにする黒いドレス。 私は彼女の肩に下がった彼女の長い髪が長いことを前に気づいていませんでした。 彼女は彼女のメイクアップで完全な女性になっていた。

私は私への影響を捨てて、あなたがとても美しいと言うことができました。 私は部屋に入って、3人乗りの真ん中に座って、部屋は私のすぐ隣に座っていました。 彼女の滑らかなゴージャスな脚の露出した素肌から目が離せませんでした私は彼女にキスしたかった。

彼は私があなたにお茶、コーヒー、または何か冷たいものを提供することができると言いました。 私はあなただけを言うことができました。 「それを取ってください、私はあなたのものです、あなたの心にそれを飲んでください」と彼は笑って言いました。

私はゆっくりと彼女の足に手を動かし、触れたり撫でたりして、上に這い始めました。 私は曲がって彼の顔を見ながら彼の唇にキスをしました、部屋は私に答えて、私たちはキスを始めました。 私はゆっくりと彼女のあごと側面にキス彼女の唇を丸で囲んだように、私は彼女の足と腰の間をなでるとなでる、私の手にアイドル座っていませんで 私が引き戻して彼を見たとき、彼は私のtシャツをつかんでゆっくりと脱いで、曲がって私の胸にキスをしました、私がソファに寄りかかったとき、私のおっぱいは私の胃にキスをして私の足の間を滑りました、彼は私の目の前でひざまずき、私のベルトとズボンのボタンを外し、ぶら下がってそれを脱いで横に投げました。 私は私のボクサーの終わりを保持し、私の顔を見てとても興奮しています,私はそれが今生きて見るつもりです,これを言って、ハングダウン. 私の硬くなったチンポが飛び出したとき、彼は彼女の体を手でつかみ、ゆっくりと撫でた後、曲がってそっと口に入れました。 私のペニスからあなたの熱くて濡れた口を感じるのはとても楽しいことでした。 何度か口の中に出し入れした後、彼は私のペニスの底から彼の頭に舌を押して舐めてそっと来て、すぐに彼の口に戻しました。 今回は彼が彼の口の中でそれを深く取ることを試みることによって私を夢中にさせていました。

ボクサーを脱いで捨てた後、私は完全に裸になりました。 エレムは私のチンポを長い間舐め、楽しんでいました。 時々彼は私のボールを吸っていました、そして時々舐めている間、彼は滑り落ちて私のボールの底から私の穴まで遊んでいました。 私は私が得た喜びで雲の上を飛んでいるようでした。 それから彼は再び私のペニスに向きを変え、それのほとんどすべてを彼の口に入れてそれを取り出し、ふくれっ面をしてそれを吸い、カップを吸うよ その時、私はうめき声で素晴らしかった、赤ちゃん、それをより速くなめ、それらをすべてあなたの口に入れて、とても素敵で、続けて、私はあなたの髪を持

私はすぐに立ち上がって、彼が膝の上にいる間に私のコックを彼の口に戻しました。 私は頭で彼女を保持していた,すぐに彼女の口の中に出て行きます,すべての方法を下に挿入するために押します.私は彼女の頭を持っていました,私は 彼の目は裂けていて、彼は窒息しているように感じ、彼の息は窒息していて、彼の口からの唾液が私のペニスの周りににじみ出ていました。 チャットしながら、彼はそれが難しいと言ったので、私は彼が望むものを彼に与えていました。 私は私のディックをずっと押し込んで、私が曲がって彼女の露出した腰に激しく平手打ちしている間待っていました,ドレスが引き上げられ、彼女はそれを楽しんで喜びの叫び声を上げていました.私はそれを楽しんでいました,私はそれを楽しんでいました.

私は突然私のコックを引っ張って、曲がって、私はハード彼にキスをしながら、彼の唇にそれを押しました,カーペットの上に戻って彼を置き、彼の足の間 彼女はパンティーを着ていなかったので、彼女のドレスは引き上げられていて、彼女のコックと嫌いな人は私の前にいました。 私は彼女の足を押し戻し、彼女の腰を空中に持ち上げ、彼女のタイトな嫌いな人は私の前で見栄えがします。 私が舌を押してそれをなめ始めたとき、彼は息を止めてうめき声を上げました、「あなたは素晴らしいです、それをなめてください、私の愛、はい。「私は彼の穴で私の舌を前後に作り、その側面を舐め、時々それを押し込もうとしていました、彼は私がなめたときにうめき声を上げていました、私は彼の声を聞いたとき、私は熱くなっていました。 私は時々私の舌をなめ、彼のボールとディックにそれをスライドさせたとき、彼は私の頭を押して、彼の穴に戻るために私を押していました。 なめること彼女の下衆野郎とともに喜びとなめることそれぬれました,

しばらくすると、私は舐めをやめ、彼の上に曲がって、再び唇にキスをし、私の息にあなたの息を感じて、私はあなたをファックしたいと言った、今、私はあ 彼は頭をうなずき、私は引き戻して地面に横になりました。 エレムは立ち上がって、彼が着ていたものを脱いで、部屋は私のように完全に裸でした。 それから彼は次の窓から潤滑剤を持ってきて、私はその時私のペニスにコンドームを置きました。 エレムクリームは最初に私のペニスにたっぷりと塗られ、次に彼の穴に塗られました。 彼はまたがった位置で私の膝の上に座って、彼の手で私のペニスをつかんで、彼の穴にそれを置き、静かに座り始めました。 彼は最初は苦労していて、押したり引いたりしていました。 一方、私は下から焦らして、できるだけ早く挿入できるように私のアソコを押していました。 彼は私を制動し、ゆっくりと私のディックを取る練習で、制御を取った。 彼がついに中に入ったとき、私は「ああ」とうめき声を上げました、そして彼は彼女がそれに慣れるのを待っていました。 「大きすぎる」と彼女はタイトで緊張した顔で私にささやきました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

free porno pornos frei porno deutsches porno iphone porno kamera porno student porno blonde porno creampie porno massage porno sleeping porno mom porno sister porno
© 2023 Bei handelt es sich um einen kostenlosen Hostingservice für Pornofilme. Du kannst dir ein verifiziertes Benutzerkonto erstellen, um auf unsere Website Pornofilme in verschiedenen Formaten hochzuladen. Jedes Pornofilm, das du hochlädst, wird in maximal 5 Arbeitstagen bearbeitet. Du kannst außerdem unseren Einbettungscode verwenden, um unsere Pornofilme auf anderen Websites zu teilen. Free Porn